中国:電力会社8社の統合検討、巨大企業3社に-関係者

  • 統合は香港・上海の上場部門ではなく非上場の親会社が対象に
  • 中国華電と中国国電集団を中国核工業集団と合併させる案など浮上

中国は資産総額5兆9000億元(約97兆円)近くに上る電力会社8社を巨大企業3社に統合する計画を検討している。事情を知る関係者が明らかにした。

  中国政府が電力業界の再編を探る中で、この提案は検討が行われている唯一の選択肢となっている。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。統合は香港・上海の上場部門ではなく、非上場の親会社が対象になるとも関係者は説明した。

  石炭火力発電大手の中国華電中国国電集団を、国内原子力発電2位の中国核工業集団と合併させる可能性などがあるという。会社側や当局のウェブサイトに公表されているデータによると、3社合わせた資産は2兆400億元相当。

  中国華電はコメントを控えた。電話やファクス、電子メールでそれ以外の企業にもコメントを要請したが今のところ返答はない。

原題:China Said to Mull 3 Mega Power Firms in $855 Billion Remix (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE