中国:4月の輸出は底堅さ維持、世界的な需要回復で-輸入も増加

更新日時
  • 輸出は8%増、輸入は11.9%増-前年同月比、ドルベース
  • 輸出増加ペースは堅調な世界の需要を示しているとBBVA

中国の4月の輸出は、世界の需要が回復する中で底堅さを示した。

  税関総署が8日発表した4月のドルベースの輸出は前年同月比8%増。輸入は同11.9%増加。この結果、貿易収支は380億5000万ドル(約4兆3000億円)の黒字となった。

  世界的な需要回復に加え、最大貿易相手国である米国との貿易戦争の脅威が和らいだことから、中国の輸出見通しは改善。国際通貨基金(IMF)が今年の世界の成長予想を引き上げるなど、外需見通しも好転している。

  ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)の夏楽エコノミスト(香港在勤)は「輸出の伸びは堅調な世界の需要を示している」と指摘。「中国の金融レバレッジ解消は 始まったばかりで、国内経済の重しとなるだろう。そうしたトレンドが最初に反映されるのは輸入だ」と述べた。

  国・地域別で対米輸出は11.7%増と、伸びは前月(19.7%増)を下回った。欧州連合(EU)向け輸出は4%増にとどまった。

  人民元ベースで4月の輸出は前年同月比14.3%増、輸入は同18.6%増。貿易収支は2623億元(約4兆2800億円)の黒字だった。 

原題:China’s Exports Remain Resilient as Global Demand Recovers (2)(抜粋)

(ドルベースのデータを中心に書き換え更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE