中国指導部はどれほどの痛みに耐えられるのだろうか。当局による金融レバレッジ抑制強化の影響が各市場に広がる中、それが投資家にとって重要な問題になりつつある。

  当局のレバレッジ抑制策により中国の株式と債券の価値は4月中旬以降、少なくとも4530億ドル(約51兆円)相当失われた。また、それを受けて210億ドル相当の債券発行が見送られ、中国人民銀行(中央銀行)は不安定な短期金融市場に480億ドルを供給せざるを得なくなった。銀行と信託会社による資産運用商品の販売は30%余り急減。中国本土の不動産取引は伸びが鈍化し、金属相場も下落した。

  こうした混乱はまだ危機的レベルに達しているわけではない。しかし2015年の本土株急落で示されたように、中国の相場下落は加速度的に悪化する傾向がある。党幹部の入れ替えを行う共産党大会を今年後半に控え、レバレッジ抑制と経済成長維持という相反する目標の調整に当局が腐心する中、運用担当者の間からは一層の混乱を予想する声も上がっている。

  JPモルガン・アセット・マネジメントの大中華圏責任者ハワード・ワン氏(香港在勤)は「中国が緩和モードに移るには多くのことが必要だろう。相場がさらに10%下がるか、人民元が圧力にさらされて下落すれば、政策を調整すると思われる。そうした非常に急激な変動があって初めて他の方法が取られる」との見方を示した。

原題:China Deleveraging Damage Tops $500 Billion as Markets Fall (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE