降格組荒らす2部指数、時価総額突出でゆがみ-シャープ次は東芝

更新日時
  • 動きの8割方はシャープ次第と運用者、指標性薄れる
  • 時価総額2位の朝日インテ、指数寄与度はトップの約3分の1

50年近い歴史を持つ「東証第2部株価指数」が、昨夏に経営不振で1部から降格したシャープの株価に翻弄(ほんろう)され、中小型株指数としての指標性が薄れている。今夏には東芝も仲間入りする見通しで、運用者からは戸惑いの声が漏れてくる。

  中小型株を運用する大和住銀投信投資顧問の苦瓜達郎シニアファンドマネジャーは、中小型株全体の値動きを知るため、東証2部指数を常にウオッチしてきた。シャープの2部への指定替え後、「すぐに指数がおかしくなった」と苦瓜氏。それからはシャープ株の影響を差し引いた「シャープ抜き2部指数」を独自に算出するのが日課となったが、今ではもう2部指数を「見ないことにしている」とまで言う。

  東証2部市場は中小型株に門戸を開く形で、1961年に開設された。東京証券取引所によると、東証2部指数は同市場の動向を示す指数として69年7月に算出を開始した日本で最も古い主要な中小型株指数。90年代からのジャスダック指数や2000年代のマザーズ指数などと比べ、突出したトラックレコードを持つ。

  東証2部上場企業数は530あり、TOPIXなどと同様に指数は全銘柄を対象に浮動株ベースの時価総額加重型で算出される。ブルームバーグのデータによると、シャープの時価総額は約2.09兆円で、同市場で2位の朝日インテックの3307億円、3位のベネフィット・ワンの1616億円などと比べガリバー的な存在だ。指数ウエートはシャープ1銘柄で17%を占め、朝日インテの5.4%、ベネフィトの1.5%を引き離す。

  みずほ証券の永吉勇人チーフクオンツアナリストは、「マザーズ指数やジャスダック指数はいつの時代にも一部銘柄による時価総額の偏りが生じており、その銘柄だけを見ている形になって全体の傾向が見られない」と指摘。それに対し、2部指数は「シャープがいなかったころは時価総額の偏りがあまりなく、小型株全体の傾向を見るには一番良かった。国内投資家がメインのため、長い期間にわたって同じルールの下で動いている」と説明する。

  シャープが16年3月期決算で債務超過に陥り、8月1日から指定替えとなって以降、東証2部指数は変質。台湾の鴻海精密工業傘下入り後の業績回復を受け、その後シャープ株が5.5倍まで急騰したことで、指数への影響度が一段と増した。シャープ株が上昇傾向にあった今年2月に2部指数は06年の史上最高値5531ポイントを11年ぶりに更新し、3月には6000を上回った。シャープ株が下落に転じた4月上旬は2部指数も調整局面入りし、下旬以降はともに持ち直している。

上場廃止リスク回避なら東芝も

  「小型株指数はろくな指数がない。全部の小型株指数を見るのが基本だが、東証2部指数は投機的でないことから代表として見ていた」と、大和住銀の苦瓜氏。同氏が運用する小型株ファンドの一部でもベンチマークとして採用しているが、「シャープ株は指数ウエートが高い上にボラティリティも高い。日中足チャートは2部指数とシャープがほとんど同じ形で、8割方はシャープの動きで決まる。使い物にならない」と語る。

  シャープ広報によると、戴正呉社長は17年末から18年春ごろまでの東証1部復帰を希望しているという。ただ、米原発事業の巨額損失に伴い17年3月期末で債務超過に陥る見通しの東芝も、上場廃止リスクをクリアできれば8月1日付で東証2部に移るのが確実となっている。

  東芝の時価総額は1.02兆円とシャープのほぼ半分にあたり、2部市場で現在時価総額2位の朝日インテックに比べても3倍近い規模。BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンの王子田賢史日本株式運用部長は、「東芝が2部市場となればシャープと東芝でほとんど決まり、ゆがみが増す。いびつなインデックスになる」と予想。日本最古の歴史を誇る中小型株指数が、本来の指標性を発揮できない状況は長引く恐れがある。

  9日の東証2部指数は前日比0.1%高と4日続伸で取引を開始した後、やや小安く推移する場面が増えている。一方、シャープ株は変わらずで始まり、その後はマイナス圏での動きが中心となっている。午後1時32分時点で2部指数はほぼ変わらずの5896.06、シャープは1.9%安の411円と下落寄与度1位。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE