中国:4月末の外貨準備高、3カ月連続で増加-資本規制強化が寄与

  • 3兆300億ドルと前月末比204.5億ドル増加-市場予想も上回る
  • 資本の流れがより均衡の取れたものになった-国家外為管理局

中国の4月末の外貨準備高は3カ月連続で増加し、市場予想も上回った。当局による資本規制強化で本土外への資金流出が抑制されたことや、人民元相場の安定が寄与した。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した4月末の外貨準備高は3兆300億ドル(約342兆円)。3月末に比べて204億5000万ドル増えた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は3兆200億ドルだった。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアジア担当チーフエコノミスト、トム・オーリック氏(北京在勤)はリポートで、「年初には中国がさらなる大規模な資本流出に見舞われるとの懸念が真剣に語られていた。そうした事態は明らかに起きていない」と指摘した。

  国家外為管理局(SAFE)は4月末の外貨準備増加の理由として、資本の流れがより均衡の取れたものになったことや対ドルでの他通貨の上昇をウェブサイト上で挙げた。

原題:China Reserves Rise a Third Month on Tighter Capital Control (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE