BNP株を放出、ベルギー政府が持ち分7.8%に減らす-株価回復生かす

ベルギー政府は仏銀BNPパリバの保有株のほぼ4分の1を放出した。BNP株が金融危機後の最高値付近に回復した機会を生かした。

  連邦政府の投資持ち株会社(SFPI-FPIM)はBNPの発行済み株式のほぼ2.5%に相当する約3120万株を売り出した。売却価格は3日終値を1.6%下回る1株65.10ドルで、約20億3000万ユーロ(約2500億円)を調達した。ベルギー政府の残り持ち分は7.8%となる。

  ベルギーは金融危機で分割・救済したフォルティスのベルギーとルクセンブルク資産をBNPが取得したことを通じ、BNPの筆頭株主となっていた。

原題:Belgium to Sell BNP Shares Worth $2.2 Billion as It Cuts Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE