NY外為(3日):ドル上昇、FOMCは6月利上げに含み残す

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けてこの日の高値に上昇。FOMCは政策金利の据え置きを決め、経済へのリスクバランスはおおよそ均衡していると指摘。また労働市場は引き続き力強さを増しているとしたほか、緩やかなペースでの利上げがなお正当化されるとの認識を示した。

  ドルは特にオーストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルに対して値上がり。またFOMCの声明発表後に米10年債利回りが上昇する中、ドルは対円でも6週ぶり高値に上げた。声明では第1四半期の成長減速について「一過性」のものである可能性が高いとし、6月利上げの可能性を残した。FOMCのガイダンスが予想通りだったことから、市場の焦点は5日発表の4月の雇用統計に移った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%上昇。ドルは対円では0.7%上げて1ドル=112円75銭。

  ドルはユーロに対しては0.4%高の1ユーロ=1.0886ドル。

  ADPリサーチ・インスティテュートが朝方発表した4月の米民間部門雇用者数に、ドルはほとんど反応しなかったが、米供給管理協会(ISM)が4月の非製造業総合景況指数を発表した後は若干上昇した。同指数は市場予想を上回るサービス業の活動拡大を示した。

  4月のISM非製造業総合景況指数は57.5。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は55.8だった。

  ADPの発表によれば、4月の米民間部門の雇用者数は17万7000人増加した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は17万5000人だった。前月は25万5000人増加と、速報値の26万3000人増から下方修正された。

原題:Dollar Gains as Fed Stands Pat, Notes Labor-Market Strength(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE