JPモルガン、ロンドンから数百人をEU3拠点に移す計画-離脱に備え

米銀JPモルガン・チェースはダブリンとフランクフルト、ルクセンブルクの拠点を拡張し、ロンドン勤務の行員のうち数百人を移す計画だ。英国の欧州連合(EU)離脱に伴い域内単一市場への容易なアクセスが不可能になることに備える。投資銀行責任者のダニエル・ピント氏が述べた。

  同氏は2日のインタビューで、「欧州に既に持つ3銀行を業務の拠点とする計画だ」と述べた。JPモルガンの3つの現地法人を指して語った。英国がEUを離脱する「第1日目には準備ができているように、交渉が完了したら短時間で数百人を動かさなければならない。長期的な数についてはその後に検討する」と話した。

原題:JPMorgan to Move Hundreds of Staff to Three EU Offices on Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE