ドイツ、失業者数の減少続く-企業の楽観強まる

ドイツでは4月も失業者数の減少が続き、景気の勢いが持続することへの企業の楽観が示唆された。

  ドイツ連邦雇用庁が3日発表した4月の雇用統計によると、失業者数は前月比1万5000人減の254万3000人。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は1万1000人減だった。失業率は前月から変わらずの5.8%。

  連邦雇用庁のシーレ理事は発表資料で、「春季の回復が続き、失業者数は4月も大きく減少した。雇用市場の良好な展開は続いている」とコメントした。

原題:German Unemployment Falls Further as Business Outlook Brightens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE