クレディSの元トレーダーが顧客引き連れ独立、資産1800億円-関係者

クレディ・スイス・グループの資産運用部門で複雑な株式関連商品のトレーディングを手掛けていたビベク・カプール氏が退社したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。同氏は自身が運用していた16億ドル(約1800億円)前後の顧客資産を自身の会社に持って行くという。

  届け出資料とクレディ・スイスの広報担当トマス・ベア氏によると、カプール氏(51)はこの週末に退社し、今年先に設立したボラリス・キャピタル・マネジメントに移った。米ニュージャージー州ミルバーンを拠点とする同社は、クレディ・スイスでカプール氏が担当していた米富裕層顧客100人余りの資金を株式デリバティブで運用すると、関係者が匿名を条件に述べた。

クレディ・スイス本社

Photographer: Alessandro Della Bella/Bloomberg

  ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)がリスク圧縮、収益拡大のため事業再編に取り組む中で、クレディ・スイスからは人材が流出している。関係者によれば、カプール氏の退社は一つには、同CEOが米国のプライベートバンクを閉鎖することを決めたためだという。

  リンクトインのプロフィルによると、クレディ・スイスの他の2人の社員もボラリスの事業を手助けするため、退社した。

原題:Ex-Credit Suisse Trader Said to Lure $1.6 Billion of Client Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE