米ツイッターCOO:トランプ氏同様、世界の指導者に利用してほしい

米ツイッターは、トランプ米大統領が多用するおかげでユーザー利用が増加したというつもりはない。ただ、大統領のツイート(投稿)によって同社が注目を浴びることは確かだ。アンソニー・ノト最高執行責任者(COO)が1日、ブルームバーグ・テレビとのインタビューで語った。

アンソニー・ノト最高執行責任者兼最高財務責任者

Source: Bloomberg)

  何が起こっているかを見るために人々はツイッターを訪れる。そのためトランプ大統領のような影響力の大きな人物がツイッター上で議論を始めれば、同社はソーシャルメディア企業としての役割を簡単に果たすことができると、ノトCOOは指摘した。

  「世界の指導者たちが国民に語り掛けるための主要な方法としてツイッターを利用するようになってほしい」と、同氏は述べた。「そのようになればなるほど、われわれは世界で何が起きているのかをより示すことができる」という。

  トランプ大統領は、真夜中でもツイッターの140文字を利用して、他国の首脳やさまざまな出来事、企業についてなど、自身の意見を世界に伝えることがよくある。オバマ前大統領が盗聴したなどといった根拠のない主張など、トランプ氏のツイートが議論を巻き起こすこともしばしばだ。同氏のフォロワーは就任当時の約2400万人から2860万人に増加している。

  ツイッターは、先週の決算説明会で、米国を中心に「ニュースや政治関連のアカウントのフォロワーが増え、新規ユーザーや以前利用していたユーザーの復帰」から今年は恩恵を受けたと説明した。1-3月(第1四半期)にユーザー数は900万人増加、同社経営陣の刷新と人員削減をもたらした業績減速からの立ち直りを模索している。

  ブルームバーグ・ニュースはツイッターのビデオ・パートナーの1社。

原題:Twitter Says It Would Love World Leaders to Use It Like Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE