米ADM、1-3月も商品取引が「低調」-株価大幅安

穀物加工の米アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)が2日発表した1-3月(第1四半期)決算は、供給過剰状態にある国際農業市場のトレーディングで苦戦が続いていることを示した。

  ファン・ルシアノ会長兼最高経営責任者(CEO)は決算に関する電話会見で、国際商品取引部門の業績は「低調」だったと話した。これを受け、米株式市場でADMの株価は前日比で一時8.1%安と、日中では2016年2月以来最大の下げを記録した。

  会社発表によると、1-3月の純利益は1株当たり59セントと、前年同期の39セントから増えた。一時項目を除いた利益は1株当たり60セントと、ブルームバーグが集計した13社の予想平均(62セント)を下回った。売上高は4.2%増えて150億ドル。

原題:ADM Tumbles as Crop Gluts Make It Harder to Trade Grains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE