トランプ米大統領:政府閉鎖も辞せず-歳出案で民主党の譲歩狙う

トランプ米大統領は2日、包括的歳出法案を巡り議会共和党と民主党との協議が難航し、結果的に大統領が掲げた優先事項の多くが盛り込まれなかったことを受けて、年内に強制的な政府閉鎖に持ち込むことも辞さない姿勢を示した。

  大統領はツイッターに「共和党と民主党が交渉したのは、上院で必要な60票がないからだ」と投稿し、「2018年に共和党が上院議席を伸ばすか、今ここで51%の単純多数決にルールを変更するかのどちらかだ。このやっかいな状態を是正するため、我が国には9月に良い意味での『閉鎖』が必要だ」と続けた。

  大統領のメッセージは上院で過半数議席を確保する共和党に対して、法案のフィリバスター(議事妨害)打ち切りに必要な票数を60票とする現行ルールの変更を促しているとも受け取れる。共和党は今年、連邦最高裁判事候補者の上院承認に必要な票数を51に引き下げた。

原題:Trump Threatens Government Shutdown After Democrats Win Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE