岸田外相:対北朝鮮、外交努力を目指す-米国は核攻撃のリスクに警鐘

岸田文雄外相は2日、日本は北朝鮮の非核化に向け主導的役割を担う用意があると述べた。米国は日本が核攻撃のリスクにさらされていると警鐘を鳴らした。

  岸田外相はオーストリアのウィーンで開かれた核不拡散条約(NPT)運用検討会議第1回準備委員会で、「朝鮮半島の非核化を実現するための外交努力を、日本は率先して続けていく」と発言。北朝鮮情勢をはじめ、安全保障環境は厳しさを増しているとの認識を示した。

  米国のウッド国連軍縮大使は「北朝鮮によるソウルあるいは東京への核攻撃の脅威は現実のものであり、北朝鮮が米国本土を攻撃する能力を開発するのは時間の問題にすぎない」と述べた。

原題:Japan Offers North Korea Diplomacy as U.S. Warns Tokyo at Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE