英製造業、4月に3年ぶりのペースで急拡大-IHSマークイット

  • 英経済は「スイートスポット」に入っているとの見方強める
  • ポンド安が輸出後押し、価格圧力上昇にも寄与

英国の製造業生産は4月に3年ぶりのペースで急拡大した。国内市場の堅調に加えポンド安で輸出が伸び、低下の予想を裏切った。

  IHSマークイットが2日発表した4月の英製造業購買担当者指数 (PMI)は57.3と、3月の54.2から上昇した。ブルームバーグが調査したエコノミスト予想では54への低下が見込まれていた。PMIは50が業況の拡大と縮小の境目を示す。

  イングランド銀行(中央銀行)のブロードベント副総裁はポンド安で競争力が増す一方、欧州単一市場との自由貿易を英国が引き続き享受している「スイートスポット」に製造業が入っていると指摘したが、今回のPMIはこの見方を裏付けた。

  IHSマークイットのシニアエコノミスト、ロブ・ドブソン氏は、ポンド安が「世界経済、特にユーロ圏経済の最近の回復を英製造業がフルに活用することを後押しした」と述べた上で、「この伸びが持続可能かどうかが大きな問題だ」と続けた。

  欧州連合(EU)離脱を選択した国民投票以来のポンド安がさまざまな効果をもたらしていることも、PMI調査は明らかにした。4月の価格圧力は引き続き高水準で、投入価格は長期平均を上回った。

原題:U.K. Manufacturing Growth Surges to Fastest in Three Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE