香港株:上昇、小売り銘柄や自動車株が高い-上海総合指数は値下がり

更新日時

2日の香港株式相場は上昇。小売り銘柄のほか、自動車株やテクノロジー銘柄が上げを主導した。
 
  ハンセン指数は前営業日比0.3%高の24696.13で終了。百麗国際(1880 HK)
が15%高と、2009年以来の大きな上昇となった。吉利汽車(175 HK)も高い。同銘柄の投資判断をメイバンク・キム・エン・セキュリティーズが「ホールド」から「買い」に引き上げた。

  テンセント・ホールディングス(騰訊、700 HK)は2.1%上げ、上場来高値を更新した。

  光銀国際投資の調査責任者、林樵基(バニー・ラム)氏は、3日の香港市場が釈迦生誕節の祝日のため休場となることや、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えており、取引が薄かったと述べた。

  中国本土市場では上海総合指数が前営業日比0.4%安の3143.71で引けた。前日は本土、香港市場ともに祝日で休場だった。

原題:Hong Kong Stocks Advance After Holiday as Global Rally Extends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE