NY外為:ドル横ばい、FOMCなど控え薄商い-対円では上昇

更新日時

1日のニューヨーク外国為替市場でドル指数は横ばい。2日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)会合や5日の雇用統計発表を控え、市場関係者は取引を手控えた。

  この日はアジアや欧州が祝日だったこともあり、市場は全般的に薄商いとなった。ドルは主要10通貨に対してまちまちな動きとなり、ポンドや円に対して上げた一方、オーストラリア・ドルやニュージーランド(NZ)ドルに対しては値下がりした。ムニューシン米財務長官はこの日、超長期債発行の可能性を示唆。これを手掛かりに米国債利回りが上昇したが、為替市場では様子見姿勢を維持する向きが多かった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.1%未満の上昇。

  ドルは対円では0.3%上げて1ドル=111円84銭。ドルは対ユーロでは0.1%未満下げて1ユーロ=1.0899ドル。

  米供給管理協会(ISM)が朝方発表した4月の製造業総合景況指数は市場の予想以上に低下。これに反応し、ドルは一時この日の安値に下げた。ISM製造業総合景況指数は54.8と、前月の57.2から低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は56.5だった。

  ムニューシン財務長官はまた、米国の経済成長率が3%になるには恐らく2年かかり、「その後は安定的に推移することになろう」と述べた。

  米議会では4月30日夜に、9月末までの包括的歳出法案について暫定的に超党派の合意が成立。為替市場は一安心となった。同時に市場はリスクイベントにも目を向けている。フランスでは大統領選の決選投票が7日に迫っている。世論調査では、独立系のマクロン前経済・産業・デジタル相が依然として極右政党・国民戦線(FN)のルペン氏を支持率で上回っている。ただ態度を決めていない有権者の比率も高い。

原題:Dollar Little Changed as Data Sets Tone Before FOMC, Jobs Report(抜粋)

(第5段落以降を追加し、全体的に書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE