UBSやBNP、RBSに召喚状、米国債操作巡る調査で-関係者

更新日時

米連邦検察当局はUBSグループを含む複数の銀行に対して召喚状を送付した。米国債市場操作の可能性を巡る犯罪捜査の一環だという。事情に詳しい複数関係者が明らかにした。

  捜査が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者2人によると、司法省は先月、UBSのほかにBNPパリバやロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)グループなどの銀行に召喚状を送付し、14兆ドル(約1563兆円)規模の米国債市場に関する情報提供を求めた。モルガン・スタンレーも召喚状を受け取ったと、関係者の1人が述べた。

  米当局は過去約2年にわたり米国債市場を調査している。ゴールドマン・サックス・グループは2015年11月、同行の発行前取引を巡り当局から情報を求められたことを明らかにした。発行前取引は米国債市場において最も透明性が低い取引の一つとされている。

  UBS、BNP、モルガン・スタンレー、米司法省の担当者はいずれもコメントを拒否した。RBSにもコメントを求めたが返答はまだ得られていない。

原題:UBS, BNP, RBS Said to Get Subpoenas in U.S. Treasuries Probe (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE