米テスラ、ソーラーシティーの訪問販売廃止-オンラインなど強化へ

テスラは、20億ドル(約2240億円)で昨年買収した太陽光システム取り付けを手掛ける米ソーラーシティーの訪問販売事業を廃止する。

  テスラが4月28日、電子メールで配付した資料で発表した。同社は今後、新たなソーラールーフや家庭用蓄電池「パワーウォール」などエネルギー商品の小売り・オンライン販売を拡大する方針。影響を受ける従業員の「大半」は再配置、または別の職務につての面談の機会が与えられるという。統合後の会社の雇用者数は約3万人。

原題:Tesla Is Halting Door-to-Door Sales for SolarCity Amid Slowdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE