英銀HSBC、中国担当の会長ら上級幹部2人退社-関係者

英銀HSBCホールディングスの中国担当の会長、王亜謙(ジェーン・ワン)氏とマネジングディレクターの鄧慶志(ウィリアム・タン)氏が最近退社したことが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。

  情報が非公開であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、王、鄧両氏はガーデニングリーブ(一定期間、次の勤務先に移れないという取り決めの下の退職)の状態にあるという。HSBCの担当者はコメントを控えた。

  王氏は2010年に野村ホールディングスからHSBCに移籍した。同氏に電話取材を試みたが、連絡がつかなかった。リンクトインのプロフィルによれば鄧氏は04年にHSBCに入社した。
  
原題:Senior HSBC China Bankers Jane Wang, William Tang Said to Quit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE