アジア株:上昇、米国株先物も高い-豪ドルは下落

  • 米議会交渉担当者が合意し、政府機関閉鎖は回避される見通し
  • ブルームバーグのドル・スポット指数は上昇

1日のアジア株式相場は上昇。米国株先物も高い。米上下両院の交渉担当者が9月末までの包括的歳出法案で暫定的に合意に達し、現行の暫定予算が失効する5日以降も政府機関閉鎖は回避される見通しとなった。

  MSCIアジア太平洋指数は上昇。円安を受け日本株が高い。日本時間午前11時52分ごろの時点で、ニュージーランドのS&P/NZX50種指数は0.2%高。米S&P500種株価指数先物は0.1%上げている。

  外国為替市場ではブルームバーグのドル・スポット指数が0.1%高。オーストラリア・ドルは0.1%安の1豪ドル=0.7482米ドルとなっている。

原題:Stocks Advance, Yen Erases Gains on Congress Deal: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE