ローマ法王、ベネズエラ与野党に交渉呼び掛け-反政府デモ激化で

ローマ法王フランシスコはベネズエラでのマドゥロ大統領に抗議する反体制デモについて、政府に対し交渉を通じた解決を目指すよう呼び掛け、「市民を疲弊させている」暴力行為を終結させるよう同国の与野党に訴えた。

ローマ法王(4月29日)

Photographer: Mohamed el-Shahed/AFP via Getty Images

  AP通信が伝えたところによると、ローマ法王はバチカン市国でのミサで、「これ以上のいかなる形の暴力も回避して人権を尊重するとともに、市民を疲弊させている人道的、社会的、政治的、経済的な危機を交渉で解決するよう政府とベネズエラ社会の全ての構成者に対して私は要請する」と述べた。

  野党勢力が過半数を占める議会の立法権を最高裁が停止しようとして以後、ベネズエラ国内で反体制デモが激化しており、すでに30人が亡くなっている。

原題:Pope Calls for Venezuelan Negotiated Solution to Violence (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE