ホーム・キャピタル経営難、カナダ金融システムに波及も-元株主

  • モアのホール氏:カナダ全般に波及する可能性は低いもののあり得る
  • カナダのモーゲージ市場に占めるホーム・キャピタルの割合は約1%

カナダの銀行ホーム・キャピタル・グループが預金引き出し殺到で経営難に陥っている問題で、元株主の1人は同行の問題がカナダ全体に広がる可能性を再考している。

  ホーム・キャピタルは、借り手の所得に関する文書を改ざんしたモーゲージブローカーの調査を巡り同行経営陣が投資家を欺いたとオンタリオ州の証券当局から4月19日に指摘され、株価は翌日に65%下落。その後、モーゲージ事業の資金繰りを支える高金利預金の残高減少が加速していることを公表した。同行は預金引き出しの影響を相殺するため20億カナダ・ドル(約1600億円)の融資枠確保を余儀なくされた。

  モア・インベストメント・マネジメント(カルガリー)の最高投資責任者(CIO)、ジム・ホール氏は世界屈指の強固さを誇るカナダの金融システム全般に波及する確率を再計算し、「確率は微小から、可能性は低いもののあり得るものに変わった」と指摘。「預金者や債券保有者が銀行への信頼を失い始めれば、システミックなものになる」と予想した。400億カナダ・ドル余りを運用するモアは過去1週間にホーム・キャピタル株約280万株(4.3%)を売却。カルガリーに本拠を置く資産運用会社QVインベスターズも投資を引き揚げた。

ジム・ホール氏

Source: Mawer Investments

  ホーム・キャピタルの資産総額は昨年末時点で205億カナダ・ドル。同行が持つ住宅ローン債権150億カナダ・ドル相当はカナダ全体のモーゲージ市場規模(1兆4500億カナダ・ドル)の約1%。

  カナダの住宅市場が過熱し、国内3大不動産市場のうちの2つであるバンクーバーとトロントでの住宅価格の高騰を背景に、ホーム・キャピタルの問題がカナダの金融システム全般に波及すると懸念する声は高まっているが、ホール氏はその確率は低いと見る。「森の小さな一角でかなり熱く燃焼しているが、延焼はしていないようだ。現時点で消防士が現場を包囲している。炎が動き出せば彼らが消火する」と指摘した。

  ホーム・キャピタルは預金減少に対応してローンを確保したほか、事業売却も検討中で、RBCキャピタル・マーケッツとBMOキャピタル・マーケッツに資金繰りや「戦略的選択肢」の助言を求めていることも明らかにした。カナダの銀行当局は情勢を注視し、他の金融機関の状況を調査していると説明している。

原題:Unraveling Home Capital Has Ex-Investor Mulling Contagion Odds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE