中国の製造業と非製造業の活動を測る政府の指数は4月に低下し、過去2四半期の経済成長加速が持続するかの見通しに影を落とした。

  国家統計局が30日発表した4月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.2と、約5年ぶりの高水準だった前月の51.8から低下。ブルームバーグが集計したエコノミスト予想中央値では51.7が見込まれていた。同PMIは事前予想の下限を下回った。4月の非製造業PMIも54.0 に低下。前月は55.1だった。

  PMIは50を上回ると活動の拡大を表し、両指数は依然経済に勢いがあることを示している。

  4-6月期の最初の公式経済統計であるPMIは1-3月の国内総生産(GDP)が前年同期比6.9%増と予想外に加速した後で、今年の景気拡大ペースが減速する方向にある可能性を示唆。PMI統計は比較的力強いものの、4月のデータは雇用、生産、新規受注、輸出向け新規受注と幅広く弱含んでいることを示した。

  コメルツ銀行の周浩エコノミスト(シンガポール在勤)は「弱さが全体にわたっている」として、成長の勢いが鈍化していることを暗示するとメモで指摘。「これは基本的な需要がほとんど改善されない一方で、中国当局によるレバレッジ解消の取り組みが奏功し始めている状況を反映している。全体として、中国は金融引き締めと規制強化の方向にある」と述べた。

  製造業PMIを構成する指数のうち、生産、新規受注、新規輸出受注は前月から低下。雇用も49.2と、前月の50を下回った。

原題:China Manufacturing Gauge Declines From a Nearly Five-Year High(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE