コンテンツにスキップする

NY外為(28日):ドル、週間で3週連続安-FOMCや雇用統計控え

更新日時

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが週間ベースで下落。2月上旬以降で最長の3週連続安となった。この日は米国内総生産(GDP)が3年ぶりの低い伸びにとどまったものの、月末取引となった市場では、来週以降のイベントに関心が移った。

  来週は連邦公開市場委員会(FOMC)定例会合や雇用統計の発表があり、7日にはフランス大統領選挙の決選投票が予定されている。1日はメーデーのため中国や英国をはじめ欧州の大半の市場で休場となるため、商いが通常よりも薄くなる可能性がある。週後半は日本のゴールデンウィークの影響で流動性が低下するとみられる。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.2%高の1ドル=111円49銭。対ユーロでは0.2%下げて1ユーロ=1.0895ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%下落。

Holding Gains

  1-3月(第1四半期)の実質GDP(季節調整済み、年率)速報値は前期比年率0.7%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は1%増だった。GDP価格指数の伸びが加速したほか、第1四半期の米雇用コスト指数は2007年10-12月(第4四半期)以降で最大の上昇となった。

  4月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値が予想を上回ったことはユーロ買いを誘った。

原題:Dollar Set for Third Weekly Drop Before FOMC Decision, Jobs Data(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE