コンテンツにスキップする

トランプ大統領の予算案、計算能力に問題あり-グリーンスパン氏

  • グリーンスパン元FRB議長:財政赤字拡大と金利上昇を招く
  • 規制廃止の動きは「非常に有益」とトランプ大統領を評価

トランプ大統領の予算案は計算が合わず、その税収・歳出計画は赤字拡大と金利上昇をもたらす公算が大きい。 グリーンスパン元米連邦準備制度理事会(FRB)議長がこうした見方を示した。

   グリーンスパン氏は28日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、トランプ大統領の「計算能力が問題だ」と発言。問題は減税や国防支出増加に釣り合う連邦歳出の削減に積極的ではないように見えることだと指摘し、特に必要なのは年金や高齢者医療に関するいわゆる給付支出の削減だと論じた。

  現在はワシントンでコンサルティング会社の責任者を務めるグリーンスパン氏は、歳出削減が実施されなければ「巨額の財政赤字を背負い込むことになる」とし、そうなればインフレ加速への反応で長期金利が上昇するだろうと予想した。

  一方で、経済全般に対する規制廃止の動きについては「非常に有益」だと述べ、株式市場の堅調に寄与しているとトランプ氏を評価した。

原題:Greenspan Says Trump Has an Arithmetic ‘Problem’ With His Budget(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE