資産規模で世界最大の銀行、中国工商銀行の1ー3月(第1四半期)決算は、1.4%増益となった。景気が持ち直す中で、不良債権の水準や預貸利ざやが安定した。

  工商銀が証券取引所に28日提出した資料によれば、純利益は757億9000万元(約1兆2300億円)。前年同期は747億6000万元だった。不良債権のカバー率が改善し、融資に占める不良債権の割合も低下した。

  中国農業銀行が同日発表した1-3月期決算は、1.9%増益となった。

  資産規模で中国4位の中国銀行の1-3月期純利益は466億5000万元と、前年同期の466億2000万元とほぼ変わらず。同行が28日、香港証券取引所に届け出た。

原題:ICBC’s Quarterly Profit Rises as Bad-Loan Ratio Stabilizes (1)(抜粋)Bank of China Profit Little Changed as Bad Debt Charges Rise (1) (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE