コンテンツにスキップする

強気派は警戒を-5月に見られる新興市場通貨の奇妙な値下がり

  • MSCI新興市場通貨指数が5月に下げたのは過去7年のうち6回
  • 5月にかけ「タクティカルな利益確定」が妥当-シティグループ

配当金の支払いかインドの婚礼シーズンか、それとも単に利益確定の売りか。過去のパターンをたどると、新興市場の通貨にとって5月は厳しい月となりがちだ。

  MSCI新興市場通貨指数が5月に値下がりしたのは過去7年のうち6回。シティグループとクレディ・スイス・グループはこの季節的なよじれに触れ、5カ月連続の上げとなっている同指数の上昇局面が終わる可能性があると投資家に警告している。

Make-or-Break Time for EM Currencies

  クレディ・スイスのアジア太平洋債券調査・経済責任者レイ・ファリス氏(シンガポール在勤)は、「ファンダメンタルな経済的けん引役がない。業界は新たな年に入り、リターンを上げようと年初から4カ月間、ロングポジションを積み上げる。これがネガティブなサプライズへの脆弱(ぜいじゃく)性を生む」と述べた。

  みずほ銀行アジア・エマージングチームのトレーダー、深谷公勝氏によれば、5月は一般的にタイとインドネシアの企業においてオフショア投資家への配当金支払いがピークとなり、両国通貨の押し下げ要因となる。またインドではヒンズー教の祭りに伴い、金購入が増える季節で、ルピー安につながるという。

  シティグループは新興市場通貨について引き続き強気な見通しだが、ニューヨーク在勤のダーク・ウィラー、ケネス・ラム両氏らストラテジストは4月20日付の週間リポートで、5月にかけての「タクティカルな利益確定」は妥当だとの見方を示した。

Seasonal Selloff

原題:Curious Curse of May: Emerging-Market Currency Bulls Beware (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE