中国株:上昇-週間ベースでは上海総合指数が3週連続の下げ

更新日時
  • 上海総合指数は前日比0.1%高-今週の下落率は0.6%
  • 香港ハンセン指数、前日比0.3%安-週間では2.4%上昇

28日の中国株式相場は上昇。週間ベースでは上海総合指数が3週連続で下げた。当局による金融規制強化への懸念が広がった。

  上海総合指数は前日比0.1%高の3154.66で終了。今週の下落率は0.6%に縮小した。生活必需品株の指数は前日比2.6%安と、CSI300指数の業種別で最大の下げ。酒造株の下げが目立ち、江蘇洋河酒廠(002304 CH)は8.7%安と2月10日以来の安値。

  香港市場ではハンセン指数が前日比0.3%安の24615.13で引けた。週間ベースでは2.4%上昇。香港と中国本土の株式市場は、週明け5月1日は祝日のため休場となる。

  京華山一(香港)の調査責任者、彭偉新氏は、「中国株は安定しつつあるが、一時的な反発だ。経済の勢いと企業利益が持ちこたえることができるかどうかを見極めることが重要だ」と述べた。

原題:China Stocks Set for Third Weekly Loss Amid Financial Crackdown(抜粋)*香港株(終了):ハンセン指数、0.34%安の24615.13

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE