米国務省は外交官や公務員を2300人削減する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、同省が全世界で雇用する米国人の約9%に相当する。ティラーソン長官は同省の予算削減を進めている。

  このうち約1700人は自然減を通じて実施。残り600人は早期退職制度によって減らす。決定が未発表であることを理由に関係者が匿名で明らかにした。予算削減の統括を支援するために起用された元ロッキード・マーチン幹部のウィリアム・イングリー氏が人員削減計画について26日に上級マネジャーに説明したという。

  トランプ政権は3月に公表した2018会計年度(17年10月-18 年9月)の予算方針に、国務省予算を16会計年度比28.5%削減することを盛り込んでいた。

原題:Tillerson Said to Seek 9% Cut to U.S. State Department Workforce(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE