コンテンツにスキップする

米アマゾン:1-3月期は23%増収、成長の勢い持続-大型投資でも

  • 4-6月期の売上高が市場予想を上回る可能性
  • アマゾン株は決算発表後の時間外取引で一時5.1%上昇

アマゾン・ドット・コムの20年にわたる2桁増収の勢いに鈍化の兆しは見えない。インターネット通販の好調やクラウドコンピューティング部門の新規ビジネスが業績に寄与している。

  27日の発表資料によると、1-3月(第1四半期)売上高は前年同期比23%増の357億ドル(約3兆9700億円)。純利益は7億2400万ドル(1株当たり1.48ドル)。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均では、1株利益は1.08ドル、売上高は353億ドルだった。

  同社は4-6月(第2四半期)の売上高が市場予想を上回る可能性も示した。在庫保管用の倉庫や映画、機器への大型投資は全て勝利の方程式の一部だというメッセージを投資家にあらためて送った格好だ。

  アマゾンの株価は決算発表後の時間外取引で一時5.1%上昇した。通常取引終値は918.76ドルと最高値を更新。

  27日発表された見通しでは、4-6月期営業利益は4億2500万-10億8000万ドル、純売上高は353億-378億ドル。前年同期は営業利益が12億9000万ドル、売上高304億ドルだった。売上高のアナリスト予想は369億ドル。

原題:Amazon Extends Growth Streak, Unfazed by Lavish Spending (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE