スウェーデン中央銀行は、国債購入プログラムを大方の予想に反して今年下期も続け、政策引き締めを遅らせることを決めた。当局者らはインフレ率が再び低下に向かうことのないよう万全を期す構えだ。

  27日の中銀声明によれば、量的緩和(QE)プログラムを6月以降も継続し、普通国債とインフレ連動債を計150億クローナ(約1900億円)追加購入する。この措置には6人で構成される中銀理事会の3理事が反対。国内5大銀の中で決定を正しく予想したのは1行だけだった。

  主要政策金利であるレポ金利は過去最低のマイナス0.5%に据え置いた。調査対象のアナリスト全員が予想した通りだった。利上げ想定時期については2018年半ばに先送りした。

  中銀は「スウェーデンの経済活動は力強さを増しているが、現時点の分析ではインフレ率が2%前後で安定するまでさらに時間がかかる」とし、「諸外国の政治と経済動向をめぐる不確実性はいまだに大きい」と説明した。

  外国為替市場でクローナはユーロに対し下落し、ストックホルム時間午前9時46分(日本時間午後4時46分)現在は前日比0.5%安の1ユーロ=9.6クローナ。

原題:Riksbank Is Split Over Unexpected Decision to Step Up Stimulus(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE