コンテンツにスキップする

独バイエル:通期利益見通し引き上げ、1-3月は予想上回る

ドイツの製薬会社バイエルの1-3月(第1四半期)利益は予想を上回り、同社は通期の利益見通しを引き上げた。経営陣は約660億ドル(約7兆3500億円)規模の米モンサント買収の実現に向けて取り組んでいる。

  27日の発表資料によれば、同社は今年、特別項目前利益で10%台前半の増加を予想。売上高は過去最高の510億ユーロ(約6兆2000億円)に増えるとの見通しを示した。

  1-3月期の一部コストを除いたEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は前年同期比15%増の38億9000万ユーロだった。

  バイエルの別の発表資料によると、ヨハネス・ディーチ最高財務責任者(CFO)は来年6月に退職する。

原題:Bayer Raises Profit Outlook on Chemicals, Crops Rebound (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE