コンテンツにスキップする

イバンカさん「勉強している」-独首相はトランプ氏とのパイプ役期待

  • メルケル首相とイバンカさんは女性の地位向上に関する会議に出席
  • イバンカさんの今回のベルリン訪問は大統領特使として初外遊

ドイツのメルケル首相は、東独のルーテル教会牧師の家庭で育ち、もともとは物理学者だった。一方、ニューヨークの実業家イバンカ・トランプさんの父親は不動産開発事業で成功したドナルド・トランプ氏だ。父親の米大統領当選に伴い、イバンカさんはマンハッタンからワシントンに移り、仕事をすることになった。

  表面的にはこの2人の共通点は多くないが、62歳のメルケル首相はホワイトハウスのアドバイザーとなったイバンカさんに対し、トランプ大統領の政策を穏健化するための窓口のような役割を果たしてほしいと考えている。ベルリンで25日行われた女性の社会的地位向上に関する会議で、メルケル首相と共にステージに登場したイバンカさんは、自らの新たな役割について謙虚な姿勢を示した。

Ivanka Trump Attends W20 Conference In Berlin

イバンカさんとラガルドIMF専務理事、メルケル独首相(ベルリン 25日)

Photogrpaher: Sean Gallup/Getty Images

  イバンカさんは「私はこの役割にかなり不慣れであるし、私にとって全く初めての体験だ」と述べた。今回のベルリン訪問は大統領特使として初外遊となった。「これほど多くの素晴らしいリーダーとここで同席できることに謙虚な気持ちになる。私は耳を傾けているし、勉強している」と語った。

  トランプ政権の政策はいまだ流動的だが、イバンカさんとメルケル首相がどれだけ経歴の隔たりを埋められるかが、今後の米欧関係の行方を決定する可能性がある。

  独政府当局者3人によると、メルケル首相は3月にホワイトハウスでの初対面の際にイバンカさんの国際問題に対する真剣な姿勢に感心し、イバンカさんにパイプ役を務めることを期待しているという。うまくいけばメルケル首相は予測不可能なトランプ大統領の政策転換に、より適切に対応することができるかもしれない。

原題:Ivanka Trump Says ‘I’m Learning’ as She Shares Stage With Merkel(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE