コンテンツにスキップする

富める者はさらに金持ちに、貧しき者はロボットに取って代わられる

  • 年収上位20%と下位20%の差が米国で拡大-2010~15年に300万円超
  • 自動化で低スキルの仕事が奪われ、格差が広がっている

米国の労働者階級が一段と置いてきぼりを食らっている。

  米国勢調査局のデータを使ってブルームバーグが算出したところによると、全米レベルで年収上位20%の家計と下位20%の差は2010年から15年の間に2万9200ドル(約325万円)拡大し、18万9600ドルとなった。

relates to 富める者はさらに金持ちに、貧しき者はロボットに取って代わられる

  コンピューターやロボットが多くのタイプの仕事を代替して一部の労働者を押しのける一方、専門知識を持った人の生産性を向上させている。それが裕福な層と貧しい層との格差拡大につながっている。

  米コルゲート大学のチャド・スパーバー准教授は「技術の発展がスキルの高い仕事を補完している。その一方でスキルの低い、または中程度の仕事はますます取って代わられている」と指摘した。

  こうした変化は続く見込みだ。プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査報告によれば、米国の仕事の約38%は2030年代前半までに自動化される可能性が高い。そうしたリスクに「最もさらされる」業種は小売りや卸売り、運輸・倉庫、製造などで、教育水準が相対的に低い労働者が最も厳しい事態に直面するという。

  企業がコスト削減のために臨時やパートタイムの従業員を雇っていることも、格差を拡大させている可能性がある。賃金の伸びが住居関連や基本的な生活必需品の費用の伸びに追い付いていない。

原題:America’s Rich Get Richer and the Poor Get Replaced by Robots(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE