任天堂は27日、今期(2018年3月期)の連結営業利益が650億円となる見通しだと発表した。3月3日に発売した新型家庭用ゲーム機「スイッチ」の好調な販売などが寄与し、前期(17年3月期)比2.2倍になる見込みだが、アナリスト21人の予想平均1025億円を大幅に下回る。

  開示資料によると、今期の純利益予想は前期比56%減の450億円。特殊要因が利益を押し上げた前期からの反動が出る。売上高予想は7500億円(市場予想は7663億円)となった。スイッチの販売は今期1000万台と予想した。市場予想と同水準。発売から3月末までの累計販売は274万台だった。

君島社長
君島社長
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

  大阪での決算会見で君島達己社長は、スイッチについて「ホッとしている。いいスタートが切れた」と言及。ただ、市場予想を下回る営業利益に関連し「それなりのプロモーションをしていくつもりで、それを考えた数字だ」と費用負担を挙げた。今後はハードと付随するソフトが売り上げに「大きく貢献することは間違いない」と述べた。

  米国モーニングスターの伊藤和典アナリストはスイッチについて、累計1億台以上を販売したWiiに次ぐヒット作になる可能性があり、「自信を持っているのは非常に大きなメッセージだ」と指摘。ハード1台に対するソフト販売を3.5本とする会社予想は保守的で、タイトルの追加投入などで実際には5-6本が見込まれるとし、「利益も上がってくるだろう」と見通している。

  同時に発表した前期の業績では、純利益がその前の期比6.2倍の1026億円となった。昨年リリースした人気スマホゲームアプリ「ポケモンGO」が好調だったことで得られた株式会社ポケモンの投資利益202億円や、米球団シアトルマリナーズ運営会社持ち分の一部売却益645億円が寄与した。

  今期はスイッチ向けに「マリオカート8デラックス」、「スプラトゥーン2」などの人気ソフトの発売が予定されている。前期は家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)U」の販売不振や発売7期目の携帯型ゲーム機3DSの販売鈍化もあり8期連続の減収となった。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE