コンテンツにスキップする

NY外為:ドルが伸び悩み、米税制改革案の詳細乏しく

更新日時

26日のニューヨーク外国為替市場ではドルが伸び悩む展開。ムニューシン米財務長官とコーン国家経済会議(NEC)委員長が税制改革案の概要を公表したものの、詳細に乏しく、財源をどう賄うのかについての答えも示されなかったため、ドルの上値が重くなった。

  当局者らが米史上「最大の減税」と呼ぶこの税制改革案には、法人税引き下げや個人所得税の税率区分集約、代替ミニマム税(AMT)の廃止が含まれる。税制改革案が説明されている間にユーロは対ドルで1ユーロ=1.0900ドル台に下げ渋り、それまでの下げの半分余りを埋めた。円は対ドルで下げ渋った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比ほぼ変わらずの1ドル=111円06銭。ユーロは対ドルで0.2%下げて1ユーロ=1.0904ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。

Taxing Talk

  トランプ米政権が北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の大統領令を検討していると、ポリティコが複数の政府当局者の話を基に報じると、米ドルは対カナダ・ドルとメキシコ・ペソを中心に買いが入り、この日の高値を付けた。ワシントン・ポスト紙はトランプ政権が6カ月以内にNAFTAから離脱する意思を示す文書への署名を真剣に検討していると報じた。

  市場の関心は日銀や欧州中央銀行が27日に開催する政策決定会合に移っている。ドラギECB総裁が最近の経済指標改善を受けて、将来の政策スタンス変更を示唆するかどうかに注目が集まっている。

原題:Dollar Pares Gain as Trump Tax Presentation Offers Little Detail(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE