ロンドンからフランクフルトへの移動、銀行が本気に-熱心に物件探し

  • 大手銀行の中にはすでにオフィススペースを確保したところもある
  • フランクフルトは他の欧州都市に比べ家賃やオフィス賃貸料が安い

国際的な銀行は英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて、ロンドンからフランクフルトに人員を移す計画に本気で取り組み始めた。

  米不動産仲介会社CBREグループでドイツのオフィス賃貸担当責任者を務めるカルステン・エープ氏は、「昨年は具体的な動きが何もなかったが、今年の第1四半期になって事態が一変した」と話す。「今では銀行が本腰を入れて特定の場所の物件を吟味している」という。

  昨年の英国民投票が引き金となった不透明性の中で、銀行は単一市場へのアクセス維持をにらみEU内に新たな本部を設置することを模索し始めた。ゴールドマン・サックス・グループとシティグループがEU本部としてフランクフルトを考えていると、事情に詳しい関係者が1月に述べていた。

  フランクフルトの利点の一つは住宅やオフィススペースの賃貸料が安いことだ。不動産仲介のサヴィルズによると、パリに比べ半分以下だという。

  サヴィルズのフランクフルトの不動産投資事業を率いるユルゲン・シュミット氏は「全員分のスペースはない。その結果、相対的に魅力の低い立地でも需要が高まったり賃貸料が上がったりするだろう」と話した。

  事情に詳しい関係者が3月に述べたところによると、JPモルガン・チェースはフランクフルトとダブリンの両方でオフィスを物色している。スタンダードチャータードとバークレイズもダブリンを検討しているとされる。

  ドイツ銀行の規制担当責任者は26日、ロンドンから最大で4000人を動かす可能性があると語った。

  コリアーズ・インターナショナル・グループのフランクフルト支店のオフィス賃貸責任者、シュテファン・ブラウニング氏によれば、「大手銀行の中にはすでにオフィススペースを幾らか確保したところもある」という。

原題:Banks Get Serious About Moving Jobs to Frankfurt on Brexit (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE