26日の香港株式相場は上昇。リスク志向が世界的に強まった。ハンセン指数は約5週間ぶりの高値となった。規制強化懸念が後退した中国本土でも、上海株が値上がりした。

  ハンセン指数は前日比0.5%高の24578.43で終了。金融株が引き続き買われた。カジノ運営のウィン・マカオ(永利澳門、1128 HK)は4%高。1-3月(第1四半期)の利益がアナリスト予想を上回った。

  光銀国際投資の調査責任者、林樵基(バニー・ラム)氏は「世界のリスク水準が今週、大きく低下した。多額の資金が株式に流れ込んでいる」と述べた。

  本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は0.4%高。外国為替市場では、香港ドルが米ドルに対して7営業日続落。本土株式市場で上海総合指数は0.2%高で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Climb to Five-Week High on Global Risk Appetite(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE