コンテンツにスキップする

トランプせんべい、ライバルは「晋ちゃんまんじゅう」

  • トランプ米大統領は「キャラとして有望」、新商品も-土産物会社
  • 麻生財務相、小泉進次郎氏のお菓子健闘も、売り上げは及ばず

700人以上の政治家事務所がひしめく東京・永田町の議員会館。陳情客らが訪れる地下売店でトランプ米大統領のせんべいが爆発的に売れている。2006年9月の発売以来、累計約78万個の売り上げを記録している安倍晋三首相のまんじゅうと競り合っている。

  話題の菓子は「晋ちゃんラッキートランプせんべい」。パッケージには雄たけびをあげるトランプ氏、ロシアのプーチン大統領とドイツのメルケル首相やヒラリー元米国務長官らをイメージした女性がババ抜きに興じている姿が描かれている。トランプ氏の背後には腕組みしながらゲームの行方を見守る安倍首相の姿も。

relates to トランプせんべい、ライバルは「晋ちゃんまんじゅう」

「晋ちゃんラッキートランプせんべい」

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  「トランプせんべいは歴代1番話題になったお菓子。でも最近は昔から人気のある安倍さんのまんじゅうが盛り返してきて、競っている状況」と衆院第一議員会館の売店で働く佐藤美枝子さんは語る。トランプせんべいはメープルシロップ風味で、客から面白い、お土産にするにはふざけすぎているなどの声が上がっているというが、佐藤さんは「味がおいしい」と一押しだ。

  佐藤さんの店では他にも麻生太郎財務相のトレードマークの葉巻を模したかりんとう「タロ・カポネ」や、女性ファンの多い小泉進次郎衆院議員をモデルにピンクのハートをあしらったチョコレートサブレ「進ちゃんの幸せショコラ」も扱っているが、売り上げではトランプせんべいに遠く及ばないという。

relates to トランプせんべい、ライバルは「晋ちゃんまんじゅう」

「大藤」の話題のお菓子

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  これらの菓子を企画しているのは東京都荒川区にある土産物会社「大藤」。海外首脳を模したお菓子は初めてだったが、トランプせんべいは発売と同時に爆発的に売れたという。大久保俊男会長は「あのうさんくささ、あの表情。キャラとして有望だ」と今後の商品展開に期待を掛ける。当初は中国の習近平国家主席もババ抜きメンバーに入れようとしたが「訴えられるかもしれないと思った」ことから断念したという。

  トランプせんべいは今月末で販売を終了する。大久保会長はトランプ氏をモデルにした新たな商品も「思案中」と述べており、永田町の売店を舞台にもう一波乱起きるかもしれない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE