米大統領令に差し止め命令-不法移民保護都市の補助金停止に仮処分

更新日時
  • サンフランシスコ市とサンタクララ郡が訴えていた
  • 不法移民の送還目指すトランプ大統領に新たな打撃となる

サンフランシスコの米連邦地裁判事は25日、不法移民に寛大な政策を取る「サンクチュアリーシティー(聖域都市)」に対して連邦政府の補助金交付を停止する米大統領令を差し止める判断を下した。トランプ政権の主要政策への裁判所の差し止め命令は、入国制限令に続いて2例目となった。

  トランプ大統領が1月25日に署名した大統領令に対して訴訟を起こしていたサンフランシスコ市とサンタクララ郡は緊急差し止め命令を勝ち取った。

  トランプ大統領は聖域都市について、「米国民や国の制度に多大な害を」もたらすと批判してきた。しかし同地裁のウィリアム・オリック判事は、この大統領令が地域プログラム向けの資金を取り上げるという脅しであり、憲法違反だとするサンフランシスコ市とサンタクララ郡の主張を支持した。

  今回の判断はニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなどの同様の政策にとって大きな意味を持ち得るほか、入国審査の厳格化や不法移民の強制送還を目指すトランプ大統領にとって新たな打撃となった。

原題:Trump Rebuffed in Bid to Cut Funding to Sanctuary Cities (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE