コンテンツにスキップする

欧州株:ストックス600、5日続伸-仏大統領選への期待で不動産株高い

25日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は2月以降最長の5営業日続伸。フランス大統領選の第1回投票で中道派候補が決選投票に進んだことがこの日も材料視された。スウェーデンのトラックメーカー、ボルボなどが予想を上回る決算を発表したことも好感された。

  ストックス600指数は前日比0.2%高の386.91で終了。テクノロジー銘柄の上げが目立った。オーストリアの半導体メーカー、amsは20%高と急伸。年内の受注が増えるとの見通しが買いを誘った。

  業種別指数では、不動産株指数が上昇率首位。シャルル・ボワシエ氏を含むUBSのアナリストらはリポートで、世論調査の通りマクロン前経済・産業・デジタル相が大統領選で勝利すれば、減税などで成長と建設を促す同氏の政策はフランスの不動産投資信託(REIT)業界に恩恵をもたらすだろうと指摘した。

  デニス・ジョゼ氏を含めたバークレイズのストラテジストらはリポートで、「政治リスクの後退が7年にわたった企業業績低迷の終わりと相まって、海外投資家による欧州株の購入拡大を促すはずだ」と記した。

  個別銘柄では、ボルボが7.6%上昇。同社の第1四半期は58%増益だった。仏高級ブランドのクリスチャン・ディオールは11%値上がり。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンのベルナール・アルノー会長と一族が、クリスチャン・ディオールの未保有株を約121億ユーロ(約1兆4700億円)で取得することを提案した。

原題:European Stocks Extend Rally After French Election, Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE