2月の米主要20都市の住宅価格指数は前年比で上昇、伸び率は5カ月連続で加速した。全米ベースでも伸びが加速。S&P・コアロジック/ケース・シラーが25日発表した。

  米20都市住宅価格指数(前月比を除き季節調整前)は2月に前年比5.9%上昇。2014年7月以来の高い伸びとなった。ブルームバーグがまとめた市場予想中央値は5.8%上昇だった。前月は5.7%上昇。

  全米ベースの価格指数は前年比5.8%の上昇。

  S&P指数委員会のデービッド・ブリッツァー委員長は「売りに出ている中古住宅はなお比較的少ない。在庫比率は3.8カ月と低水準で、最近の価格上昇に寄与している」と発表文で指摘。「住宅の値ごろ感は2012年以降、低下している。住宅ローン金利の安定あるいは低下よりも価格上昇圧力が大きな要因となってきた」と述べた。

  住宅価格指数は20都市全てで前年比で上昇。上昇率が最も大きかったのはシアトルで12.2%。オレゴン州ポートランドは9.7%伸びた。

  季節調整後の月間ベースでは20都市のうちシアトルが1.9%上昇と、最大の伸び。ダラスは1.2%上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Accelerate for a Fifth Month(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE