フランス検察、PSAに予備的捜査を開始-排ガス不正疑惑で

フランスの検察当局はPSAグループに対し、排ガス不正操作疑惑で予備的な捜査を開始した。疑惑が明らかになったフォルクスワーゲン(VW)に次いで、また新たな自動車メーカーが調査対象に浮上した。これを受け、25日の市場でPSA株は一時2カ月ぶりの下げ幅を記録した。

  検察の報道官が24日電話で語ったところによると、フランス経済省不正防止総局の報告を受けてパリ検察が今月7日に予審手続きを開始した。不正があったならば、PSA製の車は排ガスで人体の健康を損なう危険があったことになると報道官が述べた。予審手続きを主導する判事3人が指名された。

  PSAはあらゆる規制を順守していると繰り返し主張。同社製の自動車に排ガス試験を検知するような「ソフトウエアや装置が搭載されたことは一度もない」と説明、検察当局からいかなる調査の通知も受けていないと付け加えた。

原題:French Prosecutor Opens Preliminary Probe Into PSA Emissions (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE