コンテンツにスキップする

NY外為:ユーロが上昇、フランス大統領選の結果を好感

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが上昇。フランス大統領選挙第1回投票で中道のマクロン前経済相が極右のルペン国民戦線(FN)党首を抑え、首位で決選投票に進んだことが買い安心感を誘った。

  ユーロや新興市場通貨が上昇した一方、円やドルなど逃避先とみなされる通貨には売り圧力がかかった。左派のメランション氏が決選投票に進めなかったことも安ど感につながった。第1回投票は直前の世論調査に近い結果に終わり、調査の精度が確認される格好となり、5月7日の決選投票に向けて投資家の間で安心感が広がった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前週末比1.3%上げて1ユーロ=1.0868ドル。対円では2%上昇し1ユーロ=119円29銭。ドルは対円で0.6%高の1ドル=109円77銭。

Gaining Altitude

  ユーロはアジアの取引時間帯で最も上昇した。商いが薄い中をストップロスの買い注文が発動され、ユーロは対ドルで昨年11月10日以来の高値を付けた。対円では2013年4月以来の大幅高となった。

  ドルはディフェンシブな動きとなったが、後半に下げのおよそ半分を埋めた。市場は今週発表される米税制改革の詳細を待っている。

  欧州中央銀行(ECB)政策委員会の定例会合を27日に控え、引き続きユーロに注目が集まる可能性がある。フランス大統領選の結果を受けてECBが政策を変更するとは予想されていないが、トレーダーはドラギ総裁の発言からトーンの変化を読み取ろうとするだろう。

  ドラギ総裁は21日、「基調的なインフレは依然として弱く、インフレの軌道は現在の極めて良好な資金調達環境に決定的に依存している。持続的なインフレ調整が継続可能な形で実現するという十分な確信はまだ持てない」と述べた。

  ゴールドマン・サックスはリポートで、ルペン党首の大統領就任あるいはユーロ圏分裂の確率は低いと市場がみなせば、ユーロは1ユーロ=1.13ドル近くに押し上げられる可能性があると指摘した。

原題:Euro Holds Gains as French Presidential Vote Sparks Relief Rally(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE