コンテンツにスキップする

JAB、ジミーチュウ身売りへ-コーヒー事業に注力

  • 高級ブランドから投資対象を移行へ、パネラ・ブレッドなど買収
  • ジミーチュウは戦略見直しで身売りを模索、JABは支持表明

投資会社JABラグジュアリーは、高級靴ブランドの英ジミーチュウとスイスのバリー・インターナショナルを売却する方針だ。高級靴やアクセサリーの需要回復を機に、食料品やコーヒー事業といった成長分野へと注力する。

  オーストリアの資産家一族ライマン家の後ろ盾を得ているJABは24日、ジミーチュウとバリーの戦略的選択肢を見直していると発表した。JABはベーカリーカフェ・チェーンを展開する米パネラ・ブレッドを約72億ドル(約7930億円)で買収するなど、コーヒーやベーグル、ドーナツなど食品関連事業へと投資範囲を広げている。

  ジミーチュウは同日、株主にとっての価値を最大限に高めるために戦略の見直しを行い、買い手を探すと明らかにした。JABはジミーチュウの見直しを支持すると表明。スイスに拠点を置くバリーの選択肢も検討していると表明した。

  JABは今月合意したパネラ・ブレッド買収に先駆け、ピーツ・コーヒー・アンド・ティーやカリブー・コーヒーなどのコーヒー事業のほか、ドーナツ店の米クリスピー・クリーム・ドーナツなどを立て続けに買収。これで同社のコーヒー事業は、スターバックス、ネスレとともに世界市場の上位3社を形成している。

  ジミーチュウによれば、身売りプロセスは今夏の終わりまでに完了する公算が大きいものの、まだいかなる打診も受けていない。JABは、バリー事業の見直しは今年下期に完了する見通しを示した。

  ジミーチュウは、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチとシティグループが同社とバリーの売却プロセスを手掛けることも明らかにした。

原題:JAB Puts Jimmy Choo, Bally Up for Sale to Focus on Coffee (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE