24日の中国株式相場は下落。上海総合指数がここ4カ月で最大の下げとなった。レバレッジを働かせた取引を抑制する措置を中国当局が強化するとの懸念が広がっている。

  上海総合指数は前週末比1.4%安の3129.53で引け、昨年12月12日以来の大幅下落。工業株や素材関連銘柄を中心に売られた。

  小型株で構成される創業板(チャイネクスト)指数は1.6%安の1809.91と、終値としては2015年9月以来の安値となった。深圳市場では電子機器メーカーの江蘇銀河電子(002519 CH)が値幅制限いっぱいの10%安。1-3月(第1四半期)の45%減益が嫌気された。

  景気が力強さを取り戻しつつあることから、当局はレバレッジ取引を締め付けて金融システムのリスクを減らそうとしている。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は21日遅く、金融セクターの不正取り締まりを強化するとの声明を発表。その数日前には証券監督当局も同様の姿勢を示した。

  KGIアジアのエグゼクティブディレクター、ベン・クウォン氏(香港在勤)は、中国の各金融監督当局が「バブルとクレジットデフォルトへの懸念を示している。レバレッジ解消のプロセスが引き続き進んでいる」とし、「最近の監督強化が市場心理を落ち込ませている」と述べた。

  香港市場ではハンセン指数が0.4%高で終了。フランス大統領選の第1回投票を受けて中道のマクロン前経済・産業・デジタル相が次期大統領に就任するとの楽観的な見方が広がる中、同指数は一時0.7%上昇したが、中国本土株の値下がりが響いた。本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数も1.1%上げる場面もあったが、結局0.6%高で引けた。

原題:China Stocks Sink Most in Four Months Amid Leverage Crackdown(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE