海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎米べクトン・ディッキンソンがC.R.バード買収へ-240億ドル

◎中南米やアジア支持、最も敬遠は日本-ブルームバーグ機関投資家調査

◎仏大統領選決選投票:マクロン氏が62%対38%でルペン氏に勝利-調査

◎米大統領が中国主席、安倍首相と電話会談へ-議題は公表されず

◎ユーロ5カ月ぶり高値-仏大統領選はルペン、マクロン両氏決選へ

◎ルペン氏とマクロン氏が決選投票へ-フランス大統領選

◎ライアン議長:米下院は政府閉鎖回避で時間内に対応-共和議員に語る

◎米大統領は政府閉鎖回避に自信-省庁は閉鎖の可能性で準備開始

◎米財務長官:世界成長が力強くなっている勇気づけられる兆候

◎米財務長官:大幅な赤字は自由で公平な貿易に貢献せず

◎IMF委員会の声明は「反保護主義」盛り込まず-G20と同様に

◎米財務長官:IMFの米国経済成長予想は控えめ-3%目指す

◎米財務長官:経済成長加速が税制改革による歳入減賄うだろう

◎中国:今年のGDP成長率目標は「手が届く範囲」-人民銀の周総裁

◎米テスラCEO、2016年所得税支払いは少なくとも約650億円

◎米モルガン・スタンレー:クラインフェルト氏が取締役会から去った

◎破綻したエナジー・フューチャーの債権者、資金回収への道は険しく

◎米ゴールドマン、新たにリアルタイムの勤務評価制度導入-内部文書

◎米ユナイテッド、CEOの会長兼務見送り-乗客引きずり降ろしで逆風

◎米アップル、グーグルから人工衛星事業の幹部2人を採用-関係者

◎米大統領の税制改革計画、国境調整税は含まれない公算大-政府高官

◎G20、世界経済の成長見通しを評価-政治リスクには慎重な姿勢示す

◎北朝鮮の核実験場で作業が再開された可能性-38ノース

◎米マイクロソフト、上場来高値更新-アナリストら利益上振れ予想

◎トランプ米大統領、パリ銃撃事件はルペン氏にとって支援材料-AP

◎トランプ米大統領:税制改革で26日に「重大な発表」がある

◎トランプ氏、オバマ政権時代の税制の検証命じる大統領令に署名

◎ベネズエラの反体制デモ続く、死者20人に-首都で略奪行為も横行

◎米財務長官:エクソンにロシアでの掘削認めず、制裁免除の申請を却下

◎オバマ前大統領、24日に地域住民の組織化で若者と対話-シカゴ大で

◎フィッシャーFRB副議長:今年あと2回の利上げは適切となお認識

◎中国、経済成長率上向けば構造改革実施しやすく-人民銀エコノミスト

◎G20議長国ドイツ連銀総裁:包括的な成長、引き続き最優先議題に

◎米政権の金融業界への措置、財務省管轄項目に焦点-ムニューシン長官

◎トランプ大統領のドル発言、金融当局は考慮しない-FRB副議長

◎IMF:政策と債務軽減を中心にギリシャと協議-専務理事

◎ドルトムント爆発、逮捕の男は株価操作目的か-事前にオプション購入

◎リプトンIMF筆頭副専務理事:中国の成長、突然の変化は想定せず

◎3月米中古住宅販売:前月比4.4%増、価格は前年から6.8%値上がり

◎ミネアポリス連銀総裁:長期成長率、金融政策で押し上げられない

◎米ITC、反ダンピング調査継続を決定-中国製アルミ箔

◎ECBのバイトマン氏:ユーロ圏のリスクバランスは改善

◎ドラギECB総裁:インフレ加速が持続的かどうか十分確信できない

◎中国、爆撃部隊を高度の警戒態勢にさせたとの一部報道を否定

◎米GM:中国で2020年までに15万台のNEV販売を目指す-3ブランド

◎米国の4月製造業PMI速報値は52.8-予想53.8

◎英中銀ソーンダース氏:インフレは想定以上に加速する恐れも

◎CVCやナチュラなどがザ・ボディショップの2次入札に-関係者

◎米シュルンベルジェ:通期の設備投資見通し、市場予想下回る

◎中国、地方政府のデフォルト容認するべきだ-前財政相

◎仏大統領選前夜に現金積み上げ、英国民投票時の成功再現狙う-ピクテ

◎米GE:1-3月期の利益と売上高、予想上回る-コスト削減を加速へ

◎米ハネウェル:通期の1株利益見通しの中央値、市場予想に届かず

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE