コンテンツにスキップする

米ゴールドマン、新たにリアルタイムの勤務評価制度導入-内部文書

ゴールドマン・サックス・グループは今週、パフォーマンスレビュー(勤務評価)で新たな制度を導入した。これにより従業員は1年中、上司とのやり取りを通じリアルタイムでフィードバックを得ることができる。

  名称は「オンゴーイング・フィードバック360+」で、昨年の年次評価プロセスの改定に続く取り組みだとロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は13日付の従業員向けメモで説明。同メモには共同社長のデービッド・ソロモン、ハービー・シュワルツ両氏も名を連ねている。

  3氏はメモの中で「質の高い継続的なフィードバックを提供することは、チームワークと卓越というわれわれのカルチャーの中心である」と指摘した。

原題:Goldman Sachs Introduces Real-Time Employee Performance Reviews(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE