香川真司が所属する独サッカーチーム「ボルシア・ドルトムント」の選手バス付近で今月11日に爆発があった事件で、警察当局は28歳の男を逮捕した。当局によると容疑者はドルトムントの株価操作を企て、爆発を起こして株価下落を狙ったとみられている。

  連邦検察が発表したところによると、21日にチュービンゲンで逮捕された男はドイツとロシアの二重国籍を持つ。襲撃後の株価急落を予想し、ドルトムントのオプションを購入していたという。

原題:Dortmund Soccer Attacker Bet on Team’s Shares Before Bombing (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE